クレジットカードのアナウンスにあったら

大型のモールやスーパーに行くといった、クレジットカードのセールスにあうことが時々あります。クレジット動作のない長所カードから、クレジットカードといった一体になった長所カードへの挑戦を求められることもよくあります。
それでもそんなときに自身は「クレジットカードを作れない事情があるので」と言って断ります。すると恋人もスッキリ引き下がって、それ以上の申し立てはしません。戯言も方便というものです。
実際、自身はブラックリストに入っていらっしゃるわけではなく、ただただクレジットカードを何枚も吐出したくないのです。現下持ち合わせるカードだけで十分間に合います。
ところで、とっくに個々から聞いた話によると、一層巧妙な施術もあるようです。その個々は、クレジットカードの参入をセールスされると、「敢えてちっちゃい給料を書いて申し込んでいた」と言っていました。すると審判で落っこちるので、俺はカードを持たなくてすむし、セールスした人の取り引き数字も下がらないで済みます。
自身は「なるほど」として感心しました。因みにその個々は、申し立てを聞いた当時は取り引きの商売に対していました。相手に負債をさせず、自分も損をしない、取り引き商売の目線ならではのうまい断りお客だといえそうです。詳しくはこちらから

Comments are closed.