カープが愛される利点を考える・・・

今日、首位を断トツやる広島東洋カープ。25層風の優勝へ快進撃が入る事を知りません。
マニアは例年増大し、ビジター範囲も大勢のマニアが訪れています。
「カープママ」と呼ばれる妻のカープマニアも急増し、カープ球団が足代などを気掛かりして関東のカープママを広島に招待するという計画を開催した際も皆が潜入されました。
但し、ココ25通年優勝から遠ざかり98層からはしばしB範疇って低迷年代が続いていました。プレーヤーたちも江藤や金本といったプレーヤーたちが他球団にFAしたり、前田や緒方、野村っていうレギュラープレーヤーもけがばかりで列席する事が出来ない、難く疎ましい時節でした。
でも皆カープが大好きでした。
前田が2000本安打を放ったときの戦いなどは住人アリーナを真っ赤に染めていました。
そうして、2009層にマツダ現場ができてから今までマニアは急速に拡大しています。
そのメリットを調べていくといった、人がカープを応援してきたメリットといった合致するように思います。
1.「一緒に戦っていらっしゃる!」
カープは精鋭野球の手当てのさきがけとも言われます。
トランペット手当てもジェット風船もカープが淵源だ。
その中で今日カープが行っているスクワット手当てはスタミナがいります。
ただし、あれをやって勝ったときのびっくりは強いものがあります。
2. 「ないけど手掛ける部分、競争心の組織!」
他球団のように多額の元本核がなく、強烈発展などはできません。
ちょいちょいFAなどで他球団にプレーヤーが行ってしまう事もあります。
だからこそ地道にプレーヤーを育て上げるのがカープの習慣だ。
今年は断然若手が伸びてきている傾向にあるが、これはひとえにカープが地道に積み重ねてきた没頭が実を結んでいるのだと思います。
また、カープママは「しょうもないからこそわくわくしちゃって応援しなきゃ!という母性本能が負荷受けるんです」と述べている。
また、自分の将来を照らす方々もいる。
負けても、負けても、最後の解決にかけて着実の没頭で戦い積み重ねるカープに元気づけられるのだと思います。
現在の指揮緒方孝一や野村謙二郎や前田智徳といった過去のプレーヤーたちがけがを飛び越え戦い積み重ねる服装もマニアの胸を打ってきました。
他球団にFAしたが金本や西山の休業の際は当時の手当て歌を歌ってお祝いしました。
また、東出や河内、横山など何時ぞやカープを盛り上げてくれたプレーヤーたちが、コーチや工法などの裏方、評者となってカープを支えている。
そちらもカープの魅力の一つです。
一際、偉人に取引で行った木村拓也が2010層4月額7お日様に亡くなった際は、カープマニアも当時の手当て歌を歌唱しました。今もその英姿はマニアの本心で生き続けている。
こんな組織だから、黒田も高学年棒を捨て、中心からカープに帰ることを選び、新井もカープに阪神から帰ってきたのだと思います。
これほど熱い組織は他には無いもしれません。
その源流を辿れば、カープは原爆で焦土という化した広島復活のしるしとして住人が築いた球団だ。資金が薄い内を住人の献金で救ったこともありました。(樽寄進)
そして掴んだのだが、1975層の初優勝でありました。
広島の復活といったステップを共にしてきたカープには、どこにも負けない郷土情愛と不屈の闘魂が真っ赤に燃えて掛かる!
だからこそカープは愛され続けてきたんだと思います。
そのマニアのパッションという組織の25層の没頭の実りが今期実る事を祈りたいと思います。恋愛したい人におすすめサイト

Comments are closed.